天空の家
ベランダのプランターの緑が唯一の自然との関わりだった高層マンション暮らしに疲れ、新しい暮らしを求め、900坪の荒れ地の開墾から始まった家づくりです。畑のほか実のなる木をたくさん植え、日々の食を支えています。 暮らすことは生きること、それを家族で実践している2棟の住宅の物語です。